HOME中小企業基盤人材確保助成金
中小企業基盤人材確保助成金
新分野進出等(健康・環境分野等に限る)に伴い、新たに経営基盤の強化に資する労働者を雇い入れた場合に受給できます。
どのような場合に助成されますか?
次のいずれにも該当する雇用保険の適用事業主

1. 都道府県知事から雇用管理改善の事業についての改善計画の認定を受けること

2. 新分野進出等(健康・環境分野等に限る)に伴い、新たに経営基盤の強化に資する労働者(以下「基盤人材」という)を雇用保険の一般被保険者(短時間労働被保険者を除く)として雇い入れること
いくら助成されますか?

雇い入れた労働者の1年間の賃金の一部に相当する額として、基盤人材(5人まで)について1人あたり140万円が支給されます
知っておくとお得な情報
●基盤人材とは改善計画上に、申請事業主において経営基盤の強化に資する人材として記載されたものであって、新分野進出等に係る新たな事業における業務に就く者であり、次の1.2.いずれにも該当する者をいいます
1.次のいずれかに該当する者
@事務的・技術的な業務の企画・立案、指導を行うことができる専門的な知識や技術を有する者
A部下を指揮・監督する仕事に従事する係長相当職以上の者
2.申請事業主において、年収350 万円以上(臨時に支払われたものおよび3 カ月を超える期間ごとに支払われる賃金を除く)の賃金で雇い入れられる者

●厳正な審査を行うため、申請企業の事業実態や労働者の雇入れ、費用負担等を裏付ける資料(賃金台帳、会計帳簿など)の提出が求められたり、現地調査、対象労働者への聞き取りが行われたりすることがあります
Menu 助成金の種類から探す