HOME均衡待遇・正社員化推進奨励金-正社員転換制度-
均衡待遇・正社員化推進奨励金-正社員転換制度-
パートタイマー・有期契約労働者から正社員へ転換する試験制度を導入し、実際に転換者が出た場合に受給できます。
どのような場合に助成されますか?
労働保険(労災保険・雇用保険)の適用事業主で、制度設定の当初から正社員が存在すること次の1?5をすべて満たすこと

1. パートタイマー・有期契約労働者から正社員への転換のための試験制度を就業規則または労働協約に定め、制度導入後2年以内に1人以上正社員へ転換させること

2. 正社員へ転換した労働者に転換後6カ月分の賃金を支給していること

3. 転換日前後6カ月の間に雇用する労働者(雇用保険被保険者に限る)を解雇していないこと

4. 転換後の正社員が雇用保険に加入していること

5. 転換前6カ月以上パートタイマー・有期契約労働者として雇用されていたこと

●試験制度とは?
面接試験、筆記試験等の他、人事評価等による選考・推薦も含む
いくら助成されますか?

支給対象
中小企業
大企業
1人目
40万円
30万円
2人目から10人まで
20万円
母子家庭の母等は、30万円
15万円
母子家庭の母等は、25万円
知っておくとお得な情報
●「正社員」とは以下のいずれにも該当する場合をいいます
1.期間の定めのない労働契約を締結していること
2.その事業所において正規の従業員として位置付けられていること
3.所定労働時間がその事業所の同じ職種で働くフルタイムの正規従業員と同等であること
4.社会通念上また は同一企業の他の職種等の正規の従業員と比較して、雇用形態、賃金体系などが正規の従業員として妥当なものであること
5.雇用保険および社会保険の被保険者であること

●「正社員転換制度」以外にも、「共通処遇制度」、「共通教育訓練制度」、「短時間正社員制度」、「健康診断制度」を新たに導入した場合にも助成金の対象となります
Menu 助成金の種類から探す