HOME派遣労働者雇用安定化特別奨励金
派遣労働者雇用安定化特別奨励金
派遣労働者を6カ月を超える期間継続して受け入れ、その後期間の定めのない労働契約または6カ月以上の有期労働契約のもと直接雇用した場合に受給できます。
どのような場合に助成されますか?
次のいずれにも該当する雇用保険の適用事業所

1. 派遣先である事業主であって、6カ月を超える期間継続して派遣労働者を受け入れること

2. 当該派遣労働者と期間の定めのない労働契約または6カ月以上の有期労働契約を締結し、雇用保険の被保険者として引き続き6カ月以上雇い入れること

3. 対象労働者の雇い入れ前後6カ月の間に事業主都合による解雇がないこと、および3人かつ6%を超える特定受給資格者の発生がないこと

●特定受給資格者とは?
離職理由が、倒産、解雇等により再就職の準備をする時間的余裕なく離職を余儀なくされた者をいいます
いくら助成されますか?

期間の定めのない労働契約
大企業
中小企業
50万円
100万円

6ヶ月以上の期間の定めのある労働契約
大企業
中小企業
25万円
50万円
知っておくとお得な情報
●平成28 年3月31日までの暫定措置です

●申請期間は派遣労働者を直接雇用してから@6カ月経過後、A1年6カ月経過後、B2年6カ月経過後から各々1カ月以内ですので、入念な申請日の確認が必要です

●受け入れる派遣労働者は派遣元において有期雇用契約であることが必要です

●同一の派遣労働者でなくても他の派遣労働者と通算して6カ月以上派遣労働者を受けれていることが必要です

●抵触日(派遣受入期間)前に直接雇用の申し込みを行い、就業開始日が抵触日から起算して1カ月以内であることが必要です

●東日本大震災による特例助成金です。支給申請が可能になった日から7 日以内に理由書を添えて提出することで期限内に支給申請があったものとして取り扱われる場合があります
Menu 助成金の種類から探す